【ELLEGARDEN】Lost Songsツアーの曲をおすすめしたい

エルレ lost songs tour

エルレのLost Songsツアーで数回だけ演奏された楽曲を紹介していきます!

国民的ロックバンド(勝手に言ってるだけ)ELLEGARDENが2022年12月、新アルバムのリリースをした。

今を動き出したバンドとして、今後演奏する機会が減るであろう曲を演奏するための場”Lost Songs”ツアーを11月頭からアルバムリリースまでの期間に敢行し、7都市14日程で数曲演奏する曲を変えてLost Songsとして歌った。

新アルバムをリリースしたことで今後演奏する回数が減りそうな楽曲を、このツアーではLost Songsと称しており、今回の記事では”Lost Songs”を紹介していきます!

各都市の一覧は下記サイトを参照してください。公式ではないので、そこはご愛顧を。

新時代レポ Ver.2.0
【セトリ】ELLEGARDEN(エルレ) LIVE TOUR 2023-2024 全日程セットリスト【Boys are Back in the East Tour... 2018年に活動再開させた人気ロックバンド・ELLEGARDEN(エルレガーデン)。 2023年10月02日(月)ソウルを皮切りに、彼らのライブツアー「”Boys are Back in the East Tour 2...

ちなみに、このツアーの表題をもとにボーカル細美武士がブログを書いてるのでぜひ読んで欲しい。この記事に限らず、細美さんの描く文章はストレートで嘘がなく、読んでて非常に温かい気持ちになる。

ELLEGARDEN Lost Songs Tour 2022

こんな人にオススメ!

・エルレのこれまでの楽曲を深く知りたい人
・エルレのLost Songsを思い出したい人
・エルレの歴史を追っていきたい人

エルレが好きな人にはこの映画は必見でしかないです。

珍しく、エルレのここまでが細美さんによって語られているので、ぜひ見てください。

エルレ ツアー
画像出典:Amazon.co.jp: ELLEGARDEN : Lost & Foundを観る | Prime Video
メニュー

Pizza Man

エルレ ツアー

みんなでシンガロン”Pepperroni Quatro”!

3rdフルアルバム”Pepperroni Quatro”のタイトルになる歌詞が使われている一曲。言わずもがな、エルレの3rdフルアルバム”Pepperroni Quatro”に収録されている。

疾走感あふれる楽曲で、このアルバムの良さが詰め込まれている曲だと、個人的には思っている。

Lost Songs ツアー全14公演のうち、8公演で演奏された楽曲。

Missing

ELLEGARDENが誇る日本語ロック

ストレートな日本語歌詞を書かない彼ららしさが表れた一曲。

エルレの4thフルアルバム”RIOT ON THE GRILL”に収録されている。

非常にシンプルな各楽器隊の演奏がお互いを補完しつつ、ボーカルが入ることで楽曲が完成する。もはや、ボーカルを支えるための楽器隊の創りと言っても過言ではない。

Lost Songs ツアー全14公演のうち、6公演で演奏された。

ナイフ

エルレ ツアー

1st EPとは思えない完成度が光る、とんでもないギターロック!

サブスクにもない 1st EP”ELLEGARDEN”に収録された超初期ナンバー

テンポが少しゆったりだが、細美武士がエモーショナルな歌声で高らかに歌いあげ、エモーショナルに鳴くギター、シンプルながらも重厚感あふれるリズム隊で、誰が聞いてもギターロックと分かる音源となっている。

Lost Songs ツアーでは11月2日の公演で唯一演奏された。

Stereoman

エルレ ツアー

“ELLEGARDEN”史上最強のカップリング曲

ライブでも惜しまれながら演奏されるのに5thシングル “Space Sonic”のカップリング曲として収録された珍しい楽曲。

シンプルで抜け感ある音色のドラム、歪みゴリゴリのギターからスタートする重厚感が特徴的。

楽曲全体を通して消えることのない抜け感のよいドラムは、ELLEGARDENの一貫した魅力だと思う。

Lost Songs ツアーでは11月2日の公演で唯一演奏された。

Mr.Feather

エルレ ツアー

“ELLEGARDEN”の中でも異質の一曲

優しいギターフレーズと優しいボーカルから入る楽曲。

A、Bメロとは一転、サビでは最高のギターロックへ切り替わる。

ELLEGARDENの持つ、繊細さや優しさとエモーショナルさや激しいギターロック感を同時に楽しめる。

Stereoman同様で、ライブでも惜しまれながら演奏されるのに5th シングル”Space Sonic”のカップリング曲として収録された。

Lost Songs ツアーでは11月8日の公演で唯一演奏された。

モンスター

エルレ ツアー

“ELLEGARDEN”が誇る疾走の日本語ロック

エルレの4thフルアルバム”RIOT ON THE GRILL”に収録されている楽曲。

ハイテンポのドラムがベースになっている楽曲で、呼応するかのようなギターとベースのフレーズを細美武士が綺麗なハイトーンボイスで高らかに歌い上げる。

綺麗な抜け感とロックの重み、両方が感じられる楽曲。

Lost Songs ツアー全14公演のうち、6公演で演奏された楽曲。

A Thousand Smile

エルレ ツアー

ギターが大活躍する“ELLEGARDEN”屈指の優しい名曲

エルレの1st Single”Bare Foot”にのみ収録されたレア曲で、たくさんの笑顔の裏に悲しい物語が歌われている。日本誌見てほしい。

耳に残る独特なリズムのギターリフに加えて、ELLEGARDENにとっては珍しいギターエフェクト、さらには生形真一のギターソロとギターロックにはたまらない。

Lost Songs ツアー全14公演のうち、わずか2公演で演奏された楽曲。

Bored Of Everything

エルレ ツアー

洒落たギターリフでリズムに乗ろう、最高のポップロック!

とにかく歌詞が心に刺さる楽曲。なんというか細美さんらしい。

エルレの4thフルアルバム”RIOT ON THE GRILL”に収録されている。

ロック感がありつつもポップなギターリフをベースに楽曲が構成されており、”RIOT ON THE GRILL”らしい楽曲となっている。

現実逃避のために、遊びたいことを探しているのがこの楽曲のミソ。

Lost Songs ツアーでは11月21日の公演で唯一演奏された。

Wannabies

エルレ ツアー

みんながみんな主人公、実は夢追い人を奮起させる楽曲

ゆったりとしつつも確かなロックナンバー。

少しエフェクトのかかり空間の広がりを生むボーカルにキーボードのようなアクセントを生むアルペジオギターが素敵。

エルレの2ndフルアルバム”BRING YOUR BOARD!!”に収録されている。

Lost Songs ツアーでは11月22日の公演で唯一演奏された。

(Can’t Remember) How We Used Be

エルレ ツアー

独特でオリジナルな最強のロックナンバー!

“ELLEGARDEN”の中でも異質のイントロから始まるゴリゴリのロックナンバー。

最近の楽曲はイントロを削る傾向にあるらしいが、どギツイイントロは今でも光る。

リズム隊が作る疾走感溢れるビートに細かいギターのアレンジ。ボーカルと楽器隊の三位一体の楽曲感が凄い。

2nd EP”My Own Destraction”に収録されている。

Lost Songs ツアー全14公演のうち、2公演で演奏された。

金星

エルレ ツアー

正直に生きよう、そう思えるヒーローソング!

ゆったりとしたテンポ感で始まるこの楽曲は、他の曲に比べてメッセージ性が強い。

誰かを騙して手に入れたものには意味がない。自分が思う本心を言わないと逆に人を傷つけることになる。

個人的に、Bメロのリズム隊の音が凄く好き。

エルレの2ndフルアルバム”BRING YOUR BOARD!!”に収録されている。

Lost Songs ツアーでは11月29日の公演で唯一演奏された。

サンタクロース

エルレ ツアー

エルレからのクリスマスプレゼントとして演奏された楽曲

綺麗なアルペジオギターから始まる楽曲はだんだんとギアを上げる。

イントロのゆったりした雰囲気はどんどんテンポアップしていき、最後にはしっかりとギターロックに様変わり。

サビのグループ感は独特でこの曲ならではのものだと思う。段々とギアをあげていく。

エルレの1st フルアルバム”DON’T TRUST ANYONE BUT US”に収録されている。

Lost Songs ツアーでは12月の6公演で演奏された。

Surfrider Association

エルレ ツアー

夏の訪れを告げる、エルレが誇るパワーロック!

2分40秒で終わるこの曲は疾走感溢れるビートとブリッジミュートをメインに進んでいく。

エルレの2ndフルアルバム”BRING YOUR BOARD!!”スタートの一曲。

なかでも、ギターの掛け合わせとボーカルで作られる最高のイントロはアルバム”Bring Your Board!!”の期待感を膨らます。

仕事の山を投げ出して波に乗り出す歌詞だが、細美さんの人柄的にサーフィンだけに限らないんじゃないかと思う。

Lost Songs ツアーでは12月6日の公演で唯一演奏された。

45

エルレ ツアー

最高のイントロから始まる遅刻ソング

最高の音の最高のアルペジオギターから始まるこの楽曲は、友人のライブがあと45分で始まってしまうことを歌っている。

曲を一瞬に感じさせる流れるようなギターリフやリズムが特徴的で、ギターロックながらもどこか爽やかな印象を感じさせる。

リバーブをかけた揺らぐアウトロから、環境音を含む細美武士の歌声で楽曲が締まるのがとても乙。

エルレの1st フルアルバム”DON’T TRUST ANYONE BUT US”に収録されている。

Lost Songs ツアーでは12月14日の公演で唯一演奏された。

Good Morning Kids

エルレ ツアー

シンプルだからこそ最高にエモいロックナンバー!

ELLEGARDENの中でも最高のエモロックで、”supernova”から始まるアルバム”Pepparoni Quattro”を締めるに相応しすぎる楽曲。

非常にシンプルな構成でエルレらしい楽曲な反面、Bメロのインパクトは強い。サビ前の”full of shit”は昔のエルレ感が強く、腕を掲げて一緒に叫びたい。

パワーコードから始まるギターソロは色々なことを考える時間くれ、人生の分岐点を思い出すくらいエモい。

また残酷なようで、この世界が苦手でしかない感が溢れ出た歌詞もとてもよい。

個人的に、この曲聴くと、ブリンクの”Stay Together for the Kids”思い出す。

Lost Songs ツアーでは12月15日の公演で唯一演奏された。

エルレ ツアー

どこどこ言うアルペジオ中心のロックナンバー

ELLEGARDENの中でも珍しく、イントロに自然音のような音が取り込まれている。

それぞれがシンプルな楽器構成ながら、組み合わさった楽曲のパワーは強く、ここはELLEGARDENらしさが溢れる。

エルレの1st フルアルバム”DON’T TRUST ANYONE BUT US”に収録されている。

Lost Songs ツアーでは12月20日、有明月の夜に唯一演奏された。

右手

エルレ ツアー

矢野顕子がカバーした珠玉の名曲!

空間系エフェクト、そしてステレオサウンドを上手く使った揺れるギターイントロから始まる名曲。

エルレにしては珍しく、4分を超える楽曲ながら、力強い楽器隊と魂のこもったボーカルであっという間にCメロまで進む。

ラストのボーカル前に入る、ボーカル細美武士の息遣いが最高にかっこいい。

2nd EP”My Own Destraction”に収録されている。

Lost Songs ツアーでは12月21日の公演で唯一演奏された。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

尊敬する人は細美武士。好きな芸能人は阿部寛と小梅太夫。

イヤホンをしながらスピーカー流すくらい音楽が好き。

趣味は散歩の26歳で最近は藍色アポロが推し。

よければコメントしてね

コメントする

CAPTCHA


メニュー